FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ごめんくださーい!」 

去年の5月にも書いた「福田商店」。
小学校の通りに面した我が家から見ると裏側にある。
昔ながらの駄菓子屋さんである。

うちのチビたちも5歳を過ぎたし、そろそろお使いとか買い物の経験をさせた方がいいだろうと思っていた。
しかしお使いとなると、この長島界隈は非常に不便なのだ。
行かせるとすれば近所の同級生の酒屋くらいか。
国道を超えて新町まで、とは考えにくい。
日本テレビの「はじめてのおつかい」なんて、毎回感心して見ている。

そこでここ最近、長島界隈のちびっこたちのオアシス、福田商店にお世話になっている。
はじめはついて行っていたけど、いまはもうひとりで(ふたりで)行ける。
ただ、まだお金の計算ができないのと、なによりお店で一生懸命なにを買うかグルグル回って悩む様子が可愛くて、ついついまたついて行ってしまう。

そしてもうひとつ、なかなか挨拶というものがうまくできないチビたち(特に息子の方)が、ここに来たときばかりは店先で大きな声で「ごめんくださーい!」と言えるのだ(はじめに教えた)。
先に着いたチビふたりがこれをやる。
特に10円の当たり付きガムで当たったときなど、その当たりの紙を持ってお店に走り、「ごめんくださーい!当たりましたぁ!」と張り切っている。

それにしても「ごめんください」と言って入るお店って、本当に少なくなったよね。
こどもたちにとっては「ごめんください」をはじめ、ときにはなにか間違いをして「ごめんなさい」、親切に触れ「ありがとう」と言うことの意味を知る、そういう場なんだけどね。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jamsohey.blog70.fc2.com/tb.php/268-bc8859c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。