FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリス エクストラ 

サントリーは角瓶が売れに売れ、今年の夏にはとうとう出荷調整をするに至った(スーパーの棚からなくなった、という光景は見なかったけど)
ウイスキーの原酒は、蒸留してから樽に詰めて長期間貯蔵され、熟成させる。
安定的に売れていれば問題ないが、需要が急激に高まると、この原酒の枯渇が心配になる。現実にはものすごい量の原酒樽がストックされていて、あまり心配ないらしいけど。それよりブレンドのバランス、品質のバランスを保つというのが本旨のようだ。

そこで、というワケじゃないだろうけど、トリハイの復権。
ハイボールに合う、トリス”エクストラ”として売り出された。

torys_extra.jpg

先日スーパーの棚に並んだので買ってみた。
40度 700ml。本体価格980円だった。
ブラックまでは37度だったから、ちょっと濃くなった。

早速ハイボールでやった。スッキリ軽くてクセがない。でもブラックとどう違うのか分からない。
ロックでやると呆気ないほどクセがない。やっぱりブラックとどう違うのか分からない。
新商品というバイアスがかかって、気持ち、冴えた感じはするけど、なにしろブラックから大幅な値上げをして売る。あと100円か200円だせば角瓶が買えるという強気な値段だ。
だいいち何度も名前を出すけど、キリンのボストンクラブ豊醇原酒は、あの旨さで800円弱。本体価格980円なら、文句ない安いスコッチが買える。

いいのは新しいボトルで、実物を見たことないけど、トリススクエアとして売っていたときのボトルじゃないかな。四角いボトルは持ったときの感触が好きだ。

まぁブラックとどこが違うか分からないというアレは残るけど、基本、ハイボールはトリスで十分という気がする。ロックでやるとなんかシケた気分になるけど、ハイボールならこれで十分、これでイイ。
やっぱりサケに歴史アリ。
1950~60年代にトリハイ飲んでたオジさんからすれば、角ハイなんてすごい贅沢なんだろうね。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

味は厳密に比較した事ないけど
角より
トリスがあのキャラクターがあるから
いい感じ。
で、
やはり
トリスって創業者の鳥井からきてんのかね?

然り(侍か)

そうだよ。
「鳥井の」→Tory's→Torys だからね。
誕生は偶然の産物だったらしいよ。

こういうネーミング良いね。

そしてトリスブラック
ロックで呑んだ感想。
すっと入ってきて甘みある感じ。
こういう安価ですぐ手に入れて飲めるのが
ここ最近の気分。

話変わって iMacの液晶に不具合が出て名古屋のAppleStoreのジーニアスバー予約して行ったんだけどおもてなしが良くて
Appleブランドを大切にしてる雰囲気を感じとれたよ。

いいよね

でも「レモン・ハート」でよく出てくる
「きたきた、もどりがきた!」
とか
「キックがある」
…って感じはないよね、当然。
ボストンクラブ豊醇原酒はイイ線いってると思う。

Appleはイイけど、ある意味強気だよね。
ウチはずっと青森のCanonから買ってるけど、Canonでの修理ができなくなったって。で、しかもAppleでは5年経過機の修理は受けないんだって。
まだ現役のOS9機があるからそこが心配。

俺 昨年の今頃 OS9のMacBOOKが永眠したのでiMacを購入したんだけど
SnowLeopardは
車で例えると
ずっとシビック乗ってたのに
いきなり
ポルシェ乗った感じたった(笑)

そうだね

そうそう!
オレもLeopardで買って、すぐSnowLeopardのアップデートになった。
いいよね、OS9とはまったく違うんだけど、快適。
初期のOSXは、馴染めなかったなー。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jamsohey.blog70.fc2.com/tb.php/293-a2597a4f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。